一部店舗の試験定休日策定のお知らせ

クリーニング志村学習帳

浴衣はクリーニングに出したほうが良い?

夏になると夏祭りや花火大会が楽しみな季節になりますね。もっと楽しくするために、「浴衣」着たくなりますよね。

でも、「浴衣」ってどのようにして洗濯したら良いのかよくわからない。どうやってメンテナンスしたらいいのかわからない。

そんな疑問にお答えします。

浴衣はクリーニングに出したほうが良い?

実は、「浴衣」はご自宅でも洗濯できるものがほとんどです。しかし干し方や畳み方が難しく、慣れていない方は手間がかかってしまったり、思わぬシワの発生の原因になります。

また、干す際には大きなスペースを必要とするので、なかなか干す場所の確保が難しいものです。

そんな場合は、クリーニング志村に出されることをおすすめします。


浴衣はいつ洗えば良いの?

シーズン中、まだ着る予定があるならば特別汚れていない限りまだ洗わなくても良いでしょう。
次着るときまでは、ハンガーにかけて影干ししておけばOKです。

もし、もう今年は着ないという場合は、しっかり洗濯・クリーニングしてからしまうべきです。

そのまましまってしまうと、カビの発生や、汗シミ・黄ばみの原因になります。
人は予想以上に汗をかいていますので、一見綺麗にみえても衣服にはたくさんの汗が付着しています。

浴衣の汚れは水溶性の汚れ

浴衣はの汚れのほとんどは、「汗」が原因です。汗の汚れは水溶性のものなので、ドライクリーニングでは落ちません。水洗いの必要があります。

クリーニング志村ではゆかたを水洗いし、汗の成分までしっかり落としたあと、天然ののりを付けてパリッと仕上げします。


帯はクリーニングに出すべき?

帯は「浴衣」の上からつけているため、汗の汚れなどは付着していないように思えますが、お祭りなどにいくと思わぬ他人との接触や、屋台の調理の煙などで汚れていたりします。

シーズン終わりには「浴衣」に合わせて帯もクリーニングに出して、綺麗にしてタンスにしまわれることをおすすめします。

「浴衣」のクリーニングってお高いんでしょ?

ご安心ください。クリーニング志村では一般的な衣類と同等な金額でご案内しています。

  • ・浴衣(こども)1,064円〜
  • ・浴衣(大人)1,520円

さらに、シーズン中は「浴衣クリーニングキャンペーン」を実施しますので、上記のお値段からさらにお得に出していただくことができます。

まとめ

夏の楽しい思い出を一緒に過ごしたあなたの浴衣、翌年も気持ちよく着られるようにしっかりクリーニングしてタンスに大切にしまっておきましょう!

ページ上部へ