お盆休み・工場休業のお知らせ

サービス 志村のサービス

折り目加工

いつまでも格好良いお父さんでいたい

パリッと決まったスーツに身を包み、今日も仕事にでかけるお父さん。子供にとってはヒーローです。
お勤め先でも出張先でも、いつでもパリッと決まった折り目のズボンを履いていたい。
しかしせっかくのズボンの折り目も、普通のアイロン仕上げだけでは3日ほどで消えてしまいがちです。
またお家でのアイロンがけもなかなか大変ですよね。
クリーニング志村では、あなたの夢を叶える方法として「折り目加工」をご提案しています。

折り目でおしゃれを

折り目でおしゃれを

ショーウィンドウに飾られたズボンは格好良いですよね。でも何度かはいていると、新品の時のようなスッキリさを感じられなかったりしませんか。
それは何度かはいていくとズボンの折り目が消えてしまい、パッとしなくなるのが原因です。
水分を含んでしまったり、何度か着用することで折り目は簡単に消えてしまいます。
そんな悩みを解消するために、折り目加工は開発されました。

素材に合わせた二種類の加工方法

素材に合わせた二種類の加工方法

折り目加工には2種類、「シロセット加工」と「リントラク加工」があります。
「リントラク加工」は折り目の生地の裏面に樹脂を流し込んで折り目を維持します。
今回ご紹介する「シロセット加工」は折り目にパーマ液を染みこませる方法になります。
どちらの方法で折り目をつけるかは、生地の種類に合わせて職人がどちらが最適か判断しています。

こだわりの仕上げ

こだわりの仕上げ

パーマ液をかけただけでは効果がありません。
あつい蒸気を1分間、しっかり当て続けて折り目を定着させます。
折り目を定着させたあとは、蒸気を一気に吸引してズボンの温度を下げて更に形を定着させます。
その後、ズボンハンガーで2時間吊るして安定させたあと、加工月を記した加工済シールを内側に貼り付けます。
一点一点、丁寧に作業し、オシャレなズボンを皆様の元へお届けしています。

保管方法

折り目加工の良さを最大限発揮するためには、ご自宅での保管方法にポイントがあります。
一般的なハンガーで二つ折りに保管するのではなく、ピンチの付いたハンガーなどで裾を上にして保管してください。
そうすると、ひざ裏のしわなどがズボンそのものの重みできれいにとれます。

料金

ズボンのクリーニング料金 +1,100円
毎週火・金曜日はクリーニング代込みで1,100円

ヒダスカート 1本150円〜

ページ上部へ