ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ
  3. クリーニング志村ではチャイルドシートやベビーカーへの撥水加工はお薦めしていません

クリーニング志村ではチャイルドシートやベビーカーへの撥水加工はお薦めしていません

皆さんこんにちは!
シミ抜きドクター 志村 優です!

先週末に本店だけでお預かりさせていただいたチャイルドシートやベビーカーです!


1店舗だけでこんなにご要望をいただいたのは初めてなのでうれしくて記念撮影!

リピーターの方もいらっしゃったようで、ありがたいです!
こういったことをマメに伝えてくれるスタッフにも感謝です。

さて、話は変わって表題の件ですが、私たちは昨年からベビーカーやチャイルドシートを洗い始めました。なので、キャリアはまだまだ日が浅いのですが、私たちにはクリーニング店として70年以上やってきた経験があります。
全国屈指の「キッズポケット」様も工場見学させていただき、そこでもたくさんのことを学ばせていただきました。

汚れてしまった商品を私たちの手できれいにすることへの充実感、清潔な商品で子供たちを守ろうという使命感、お客様が喜んでくださるという満足感で職務に挑んでいます。

その中で、きれいにするだけじゃない価値の高い仕事や加工を施すことができないか?と考えておりました。
そこで、撥水加工を施せば食べこぼしなどの汚れが付着しにくくなり、お客さまも喜んでいただけるし、我々も次回クリーニングするのが楽になるということもあり導入を検討いたしました。

しかし、撥水加工剤メーカーの担当者にこちらの要望を伝えたところ、「撥水加工剤は経口毒性のあるものなので、乳幼児など食べ物と区別なく口にしたり舐めてしまう恐れがあるので、使用する物への加工はお薦めできません。」と回答をいただきました。
また、撥水加工剤は少々の差こそあれ大半のメーカーの液剤構成が一緒のため、おそらく他のメーカーでも同じことが言えるはずですという回答もいただきました。※私たちの勉強不足で、全く問題ない加工剤もあるかもしれません。

撥水加工剤が有害で、口にする(正確には肺に入って肺の粘膜をおかす)ことが良くなく、加工工程で作業スタッフが噴霧した液剤を吸い込むことが無いよう機械化することが望ましいことはクリーニング業界では常識で、手作業が一見よさそうに見えますが、手作業はスタッフの健康をおかしているためクリーニング志村では極力避けています。

お客様に提供する商品も、機能性や付加価値だけを考えれば撥水加工も選択肢の一つに取り入れることができるのですが、ご利用になられるお子様の健康のことを考えクリーニング志村では撥水加工のオプションをあえて設けないことにいたしました。ただし、有害でないものが今後見つかった場合は、提供するサービスのラインナップに加えていきたいと思います。

その他の加工に関しましても、現在検討しており、お子様が使用されることに問題がないものを自信を持ってお勧めしていきたいと思います。

これからもクリーニング志村をよろしくお願いいたします。