一部店舗の試験定休日策定のお知らせ

クリーニング志村学習帳

縦型洗濯機とドラム型洗濯機の違い

家庭用の洗濯機を買うときに悩みのひとつ、縦型とドラム型との違いはなんだろう??新たに洗濯機を買うときにどちらを選べば良いか、それぞれの特長を検証してみました。

縦型洗濯機

縦型洗濯機

洗濯機のない時代は、洗濯板で衣類をこすり合わせて洗う「こすり洗い」が行われていました。
その「こすり洗い」を洗濯機に実装したのが、「縦型洗濯機」です。
たくさんの水で洗剤を泡立たせて、衣類同士をこすり合わせて洗うのが特長です。

  • ・衣類をこすりあわせる
  • ・たくさんの水で洗剤を泡立てる
  • ・泥などの汚れに強い

ドラム型洗濯機

ドラム型洗濯機

ドラム型洗濯機はドラムの回転を利用して、衣類を上から下に落とし、水にたたきつけて洗浄します。
これにより、より少ない水で洗うことができたり、衣類同士をこすったり絡めることがないので、衣類への負担が少ないのが特長です。

  • ・上から下へ落とし、水にたたきつけて洗う
  • ・シワやいたみなど、衣類への負担が少ない
  • ・水、洗剤の使用量が少ない
  • ・乾燥機能が豊富

どちらを選べば良いの?

どちらを選べば良いの?

泥汚れなど強い汚れが発生しやすい場合は、縦型洗濯機のほうが有利です。
しかし水や洗剤の節約などを考えるとドラム型洗濯機のが有利です。

ドラム型洗濯機は、洗濯物を入れやすかったり、出しやすかったりするメリットもあり、洗濯物をカゴに移し替えるのが比較的楽です。洗い終わったあと、縦型洗濯機に比べて洗濯物が絡まりにくいので、干しやすいメリットもあります。
また最新のドラム型洗濯機は、プロの現場のように水を温めて洗濯する機能がついた機種もあるので、油汚れやガンコな汚れも、結構落としやすくなっています。(クリーニング志村では汚れの種類などを目で見て判断し、水温を判断しています。)

縦型洗濯機は、洗浄途中でも洗濯物を追加できるのが嬉しいですね。うっかり洗濯物を入れ忘れても蓋を開けて追加することができます。洗濯物を回してから子どもが「これもー!」なんて言ってくること多いのでは無いでしょうか。
また縦型洗濯機は、洗濯機自体のお掃除も非常に楽です。水を貯めて専用の洗剤を入れて放っておくだけで、カビとりができます。(※製品によっても異なりますのでご注意ください)

ご家族構成や、お仕事の種類などから汚れの種類を見極め、ご自分にあった洗濯機を選んでみてください♪

クリーニング志村ではどんな洗いをしているの??

クリーニング志村ではどんな洗いをしているの??

クリーニング志村では主にドラム式を採用しています。ただ家庭用と違い水温調整ができたり、水も家庭用よりも多く使って汚れを落としています。
クリーニング志村では素材や汚れの種類に応じて、水温調節や、前処理、シミ抜き等を行っています。
もっと詳しくは「志村の一日」ページからご覧ください。

ページ上部へ